二次う蝕について

皆さんこんにちは!ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

今回は二次う蝕についてお話したいと思います。

皆さんは二次う蝕という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

二次う蝕、つまり二次虫歯は言葉の通り二次的な虫歯のことです。

一度銀歯やプラスチックで虫歯を治したにも関わらず、再度同じところが虫歯になってしまうことです。

 

二次う蝕の原因としては歯と銀歯や詰め物の間から虫歯菌が入り込んで広がってしまうことです。

せっかく虫歯を治しても、しっかりとその後もケアを頑張らなければ、残念ながらまた虫歯になってしまいます。

虫歯を治さなくても虫歯は広がるし、治しても二次う蝕のリスクがあるし、完全にジレンマです。

 

結論としては、どんな人でも今の状態から悪化させないことが重要になります。

痛くないから大丈夫、虫歯は治したから大丈夫と油断してはダメです!

つまり、プラークを毎日しっかりと取り除き、なるべく口の中のpHを酸性にしないことです。

とりあえず以下のことを毎日心がけましょう!

 

1.とにかく一日一回はしっかり時間をかけて歯磨きをする。

→歯の溝、歯と歯の間、歯と歯茎の境目は特に虫歯になりやすいので重点的に!

→電動歯ブラシやフロスを利用するのもGood!

 

2.寝る一時間前には決して糖分を含んだものは摂らない。

→寝てる間は唾液が出にくく虫歯になりやすい環境です!

 

3.歯磨き粉などフッ化物に興味をもつ。

→フッ化物は歯を強化してくれます!

 

4.規則正しい生活を送る、炭酸飲料や酢の酸性のものは極力避ける。

→歯が溶けやすくなっちゃいます!

 

5.定期検診に通う

→歯も定期的に管理しましょう!

→口の中がきれいな人は病気にもなりにくい!

 

以上が簡単に誰でもできる虫歯(二次う蝕)の予防法です。

つたない文章ですが、皆さんに少しでも口の中に興味をもっていただき、少しでも参考になれば幸いです。

それではまた次回です、Let’s be 歯ッピー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です