歯が抜けてしまう、こわい歯周病とは?

札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーターの鎌田さやかです。

ある日突然、歯がポロリと抜けてしまう歯周病は、身近で厄介な病気です。大した自覚症状がないまま進行してしまうのも恐ろしく、成人の約80%が罹患しているというデータがあるほど・・・。

歯を失う原因の第1位も、実は虫歯ではなくこの歯周病なのです。
歯周病とは、歯を支える骨が溶けてしまう病気です。


むし歯になりにくく、歯が丈夫と自信のある方でも要注意!!!歯を支えるあごの骨が溶けてしまう病気なので、虫歯とは全然違います。その主な原因は、ずばりプラークとも呼ばれる歯垢です。

日本語では「歯の垢」と書くため、単なる汚れのイメージがありますが、歯垢は食べかすなどによって増殖する細菌のかたまりなのです。

歯垢は付着力が非常に強く、歯と歯グキの間のわずかな隙間、いわゆる歯周ポケットに潜みがち。そして付着後、24時間ほどで毒素を出すようになり、歯グキに炎症を起こさせるのです。

こうした炎症の行きつく先が、問題の歯周病。初期症状は「歯グキが腫れぼったい」程度のものですが、放置すると歯の周囲の組織が破壊され、結果として支えを失った歯は、1本また1本と抜け落ちていくのです。

さらにたまった歯垢は約2日で唾液中のミネラルと結びつき、硬い歯石に変化します。歯石は通常の歯磨きでは取り除けないため、余計に歯垢がたまりやすくなり、お口の中の環境は悪くなる一方です。

また、糖尿病による免疫力の低下や、骨粗鬆症による骨密度の低下、喫煙による口内環境の悪化なども、歯周病を進行させる要因となります。日頃から栄養バランスに気を配り、規則正しい生活を送ることは、歯周病予防の観点からも重要です。

さらに歯周病は認知症や誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)、心筋梗塞などとも関係が深く、放っておくと全身の不調を呼びかねません。

すこやかな毎日を過ごすためにも歯周病の原因を知り、歯医者さんでしっかりとケアをして予防しましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です