う蝕の原因について その2(時間)

こんばんは、札幌市南区にあるときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。前回は、4つあるう蝕の原因のひとつである細菌についてお話しました。

今回は、う蝕の原因のひとつ「時間」についてお話します。

う蝕の発生・進行は比較的緩慢です。但し、その進行速度は状況によって異なります。その差は、次の2つの要因が考えられます。

  1. う蝕原因菌が利用可能な栄養素(=細菌のエサ)を摂取する機会が多いか少ないか
  2. う蝕原因菌が歯に接する可能性のある時間の長さの違い

たとえば、甘いものを間食で、しかも高頻度で食べている場合… 当然細菌のエサを摂取する機会は増えますね。そして、前回お話した不溶性グルカンが出現する可能性も高まり、細菌が歯に接する可能性のある時間も長くなります。

更に、お口の中が不潔になり歯に大量のプラークが長期間付着していると、それはもう細菌にとって天国となるわけです。う蝕を発生させることはもちろん、進行速度を加速させる環境を生み出すのです。

逆に言えば、細菌のエサを摂取する機会が少ないこと(=間食しない、または間食の回数や時間を決める)、細菌が歯に接する可能性のある時間を減らすこと(=定期的な歯ブラシ・クリーニング)によってう蝕の発生を抑えることができるわけです。

う蝕は、基本的に急速には進行しません。だからこそ、「時間」の観点が大事になってきます。気が向いたときにおやつを食べていませんか?夜寝る前に歯磨きしないで寝てしまっていませんか?細菌のエサがお口の中にある時間を減らし、細菌が歯に接する時間も減らすことでう蝕を予防し、健康なお口を維持していきましょう!

次回は、う蝕の原因 その3(飲食物)についてお話します(^ω^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です