金属アレルギーについて

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は金属アレルギーについてお話したいと思います。

 

金属アレルギーは遅延型アレルギーの一種で皮膚炎を主症状とします。

いつのころか皮膚や口の粘膜に異常があって、口の中に金属がある人は金属アレルギーを疑ってみてもいいかもしれません。

口の中の金属が原因の場合は、溶け出した金属イオンが体内に蓄積されて頭痛やだるさにつながるといった話もあります。

 

歯科では虫歯治療、部分入れ歯、矯正など治療において金属は切っても切り離せない関係にあります。

歯科用金属の場合、掌蹠膿疱症という手のひらや足の裏に膿疱と呼ばれる皮疹がでるもの、扁平苔癬という頬の粘膜にレース状の白斑が現れるもの、アトピー性皮膚炎様の症状などが関係あると言われています。

 

検査の方法として有名なのはパッチテストという金属を数日皮膚に貼ってどの金属にアレルギーがあるのか調べるものがあります。

歯科用金属が原因ならば、原因となる金属を取り除いてアレルギー反応の出ない金属または非金属に置き換えて様子をみます。

 

最近は矯正治療でも金属を使わない方法もありますので、興味のある方は相談してみるといいと思います。

金属アレルギーの観点からみれば、治療が必要になってしまったら可能なかぎり金属を使わない方法を選択されることをお勧めしたいです。

 

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!

顎関節症

こんばんは。札幌市南区にある、ときわプロケア歯科クリニックの歯科医師 今多です。今回は、顎関節症について触れてみたいと思います。

「顎が痛む(顎関節痛)」、「口が開かない(開口障害)」、「顎を動かすと音がする(顎関節雑音)」の症状のうち1つ以上が当てはまり、鑑別診断で他の疾患が無い場合を顎関節症と定義しています。

顎関節は、体の他の関節(肩や膝など)と基本的に同じ構造をしていますが、特殊な部分もあります。上顎と下顎の間には、関節円板というクッションの様な役割を果たす組織があります。この関節円板がお口を開け閉めした時に、本来あるべき位置からズレてしまうことがあります。経験したことのある方も多いかと思いますが、顎を動かした時に「カックン」と音がするのはこのためです。

顎関節症の原因は様々です。夜寝ている間の歯ぎしりやくいしばり、ストレス、噛み合わせの状態、外傷などの要素が重なって発症します。顎への過重負担が考えられるものは、食品の嗜好(硬いもの、タコやイカのように長い時間噛み続ける必要のあるもの、ハンバーガーなどの大きな食品)、うつ伏せ寝、睡眠不足、管楽器、バイオリン、格闘技、スキューバダイビングなどが考えられます。

顎関節症の治療法は、プラステイックでできたマウスピースを夜寝ている間に装着し、歯ぎしりやくいしばりによる顎関節へ負担を軽減する方法が一般的です。それでも症状が改善しない場合は、外科的な治療がとられます。

顎が痛い時にどの科にかかったら良いか悩む方がいらっしゃるようです。まずはかかりつけの歯医者さんに診てもらいましょう。噛み合わせの調整で良くなることもたくさんあります。また、マウスピースによって症状が軽減することも多いです。それでも症状が改善されない場合は、かかりつけの歯医者さんにより専門の先生を紹介してもらうこともできます

いかがでしたか。顎関節症の定義などは日本顎関節学会のHPを参考にさせて頂きました。顎関節の自己チェック方法なども記載されています。興味のある方は是非ご覧になってください。

 

ホワイトニング

こんにちは。

ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの野澤です。

今回はホワイトニングについてです。

 

そもそも歯が黄ばむ理由は、外的要因内的要因の2つに分けられます。

外的要因はコーヒーや紅茶を頻繁に飲むことや、

喫煙によるヤニが歯に付着することで歯が黄ばみます。

内的要因は、加齢などによる歯そのものの変色です。

 

ホワイトニングとは元々のご自分の歯の色を白く明るくする方法です。

歯のクリーニングと混同されることがありますが、

クリーニングは歯に付着した歯垢や歯石、着色汚れを取り、歯本来の状態に戻す事を言います。
ホワイトニングは大きく分けると2種類に分類されます。

1つは、歯科医院などで行うオフィスホワイトニング

もう1つは、歯科医師の指導のもと、自分で行うホームホワイトニングです。

オフィスホワイトニングは、歯に専用の薬剤を塗布し、

レーザーや光を当てて歯を白くする方法が一般的です。

短時間で歯を白くできるので、即効性のあるホワイトニング方法と言えます。

一方、ホームホワイトニングは、自宅にて、個人の歯形に合わせてホワイトニングジェルを流し込んだマウスピースを装着して歯を白くしていく方法です。

歯の白さを実感するには2週間以上の時間を要しますが、時間がかかる分、

オフィスホワイトニングより白さが増し、持続期間も長いという特徴があります。

ホワイトニングはこの2種類が主な方法ですが、

この2つを組み合わせたデュアルホワイトニングという方法もあります。

デュアルホワイトニングは、オフィスとホームを組み合わせることにより、それぞれの長所を取り入れることのできる理想的なホワイトニングです。

短期間で白い歯になる上、効果も長持ちするので、しっかりと歯を白くしたい人にはデュアルホワイトニングがおすすめです。

 

白く輝く歯は素敵な笑顔をつくります(^^♪

興味のある方は是非、当院コーディネーターにご相談ください!!

親知らずの不思議

皆さまこんにちは!

札幌市南区ときわプロケア歯科のデンタルコーディネーターの高橋ひかるです。

今日は親知らずの不思議についてお伝えします。

親知らずは、なぜ痛い?

むし歯でもないのに、なぜ親知らずは痛いのでしょうか?

色々なパターンがありますが、特に親知らずが歯肉を押し分けて出てくる時に歯の上にある歯肉が、上のアゴの歯に噛まれて傷ついたりすることが多いようです。

また、歯の周りに汚れがたまっていたりすると、細菌感染により炎症を起こし歯茎が腫れます。

こうなると口が開かなくなったり、熱が出たりして痛むようになります。

親知らずは抜いた方がいい?

現代人のアゴの骨は進化して小さくなっています。しかし、歯の大きさは昔の人とあまり変わってはいませんから、一番最後に出てくる親知らずはスペースが狭く正常には出てこない場合が多いのです。

一部分だけ頭を出しているだけであったり、斜めに傾いて出たり、アゴの中で水平になったままのこともあります。

このような状態になると、むし歯・周囲炎・歯並び悪化・顎関節症の原因となります。

本来、歯はなるべく抜かずに残したいのですが、このような理由でトラブルが多いのです。

たとえ抜いても通常の生活や食事には全く影響はありません。

親知らずワンポイント

磨きずらい!どんなに一生懸命磨いても、親知らずには歯ブラシが届かないのです。したがってむし歯や歯周病になる可能性が高くなります。

むし歯になる! 汚れがたまることによって、親知らずもその手前の歯もむし歯になります。

炎症をおこす! 親知らずが出てくるスペースがない場合には、変な方向に向かって出てくることが多く、歯肉がかぶったままになり炎症を起こしやすくなります。

歯槽膿漏になる! 虫歯、合わないつめもの、かぶせもの、歯周病、舌苔(ぜったい)、義歯、唾液分泌の低下

口臭の原因になる! 親知らずの周りに汚れがたまることによって、手前の歯の骨を溶かし歯槽膿漏(しそうのうろう)になります。

歯茎やほっぺを噛む! 上の親知らずが出てくると、下の歯ぐきを噛むようになり炎症や腫れの原因になります。

手前の歯を虫歯にする! 親知らずがうまく歯ブラシできないので、親知らずの手前の歯は虫歯になりやすいです。さらに手前の歯の根を押した場合には、その押された歯の根は溶けてしまう場合があります。

歯並びを悪くする! 親知らずが手前の歯を押すことによって、歯並びを悪くする場合があります。

顎関節症になる! 親知らずが手前の歯より出てくると、アゴの動きを邪魔するようになります。そうなると、アゴの病気である顎関節症となります。

親知らずのトラブルはこんなにあります。

もちろん、歯ブラシをしっかりして定期検診でキレイを保っている方は、抜かないでそのまま使ってる方もいます。

ちなみに!わたしは上下左右の親知らずが!

バッチリ生えています!

食事もしっかりできるように

トラブルのないように保っていますよ〜

口腔乾燥症について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

本日は口腔乾燥症についてお話したいと思います。

 

皆さんは口の中がよく乾くと感じることはありませんか?

緊張しているときは交感神経の働きでネバネバした唾液が分泌されて口が乾いたような感じがします。

また、寝てる間は唾液の分泌が低下するので朝に口の乾きを感じることがあります。

これは誰にでも起こり得ます。

 

これら以外で、ストレス・降圧剤などの薬剤・糖尿病が原因で起こる唾液の分泌の低下、もしくは加齢・シェーグエレン症候群(自己抗体で唾液腺が破壊される)・放射線治療など唾液腺自体に異常があり唾液の分泌の低下により口の乾きを感じるもの。

これらは口腔乾燥症と呼べます。

 

では唾液が減るとどのような問題があるのでしょうか。

唾液には様々な作用があり、唾液が減ると虫歯や歯周病になりやすい・口臭が強くなる・食べ物を飲み込みにくい・味覚異常・口腔内の粘膜が荒れるなどといった問題が生じてきます。

 

原因によって治療法は異なってきますが、すぐにできる対処法としては、こまめに水分をとる・ガムを咬んで唾液の分泌を促す・頬のマッサージによって唾液腺を刺激するなどといったことが挙げられます。

それでも普段から口が乾いて気になるという方は、歯科医院で一度相談されることをお勧めします。

 

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!!

訪問歯科について

 こんにちは!札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です。今日は、最近少しずつ(?)話題になってきている、訪問歯科診療についてお話します。

  訪問診療、言い換えると往診は、内科のお医者さんなどは古くから行われていました。歯科では超高齢社会の加速による平均寿命の延伸により、歯科に通うことのできなくなってしまった患者さんの口腔内のケアの重要性についての認識が高まったことで盛んに行われるようになりました。

 近年の日本人の死因の第三位に肺炎が入るようになりました。この肺炎の多くは高齢者が多く罹患する「誤嚥性肺炎」であると言われています。特に寝たきりの高齢者の方は、喉の筋肉や「むせ」などの反射機能が衰えているため、誤嚥性肺炎に罹りやすいのです。

 訪問歯科診療では、そんな歯科に通えない方達に必要な治療・口腔ケアを行います。お口の中を綺麗にするのはもちろん、入れ歯の調整をして噛めるようにする、型取りをして新しい入れ歯を作る、などなんでもします。口腔内の環境を改善し、整えることで誤嚥性肺炎の罹患率を下げると共に健康の増進を進め、多くの人に健やかな人生を送って頂くことが、訪問歯科診療の一つの使命ではないかと思います。

 多くの歯科医療スタッフが、訪問歯科診療で頑張っています。病院や施設で訪問歯科のスタッフがいたら、どうか温かい目で見守って下さいね。

何のためにメンテナンスするの?

札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーターの鎌田さやかです。

仕事や趣味、家族や友人との時間など、人生で幸せと感じる時間ってたくさんありますよね!全部、健康だからこそ味わえるものですね!

もし、あなたの一度きりの人生の幸せな時間が、虫歯や歯周病に脅かされてしまうとしたら、未然に防ぎたいと思いませんか?

実は、虫歯や歯周病は、治療して治せばいいという単純なものではありません!!!
むし歯菌や歯周病菌という細菌による病気なので、ただ虫歯を治すとか、歯石を取るといったことだけでは根本的には治らず、必ず繰り返します。そして、繰り返すということは、治療の度に歯が無くなっていくということです。歯が無くなれば、仕事や友人などの対人関係に影響が出ますよね。勉強に集中できなくて、成績や昇進などにも響くかもしれません。

歯がある人生とない人生を想像してみてください・・・

大きな違いがありますよね!

 

メインテナンスとは虫歯や歯周病を再発させず、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです。

何よりの大切なのは、毎日行う歯みがきです!
その歯みがきの方法で磨けているのか、いないのか、チェックする必要がありそうじゃないですか?
歯石は歯みがきでは取れないので、プロに取ってもらった方がいいですよね!

車を車検に出すように!
毎年、全身の健康診断を受けるように!
ぜひ歯のメンテナンスを受けましょう!

大切な時間もお金も、病気になってから治すために使うのでなく、
病気にならないために使って健康を手に入れましょう!

 

キシリトール

こんにちは!

デンタルコーディネーターの野澤です。

今日は『キシリトール』についてお話します。

キシリトールとは、シラカバやトウモロコシの芯から採れるキシラン・ヘミセルロースという原料を用いた甘味料です。

甘さは砂糖とほとんど変わらず、口に入れると多くの熱を吸収するため、

ひんやりとした爽やかな甘さがあります( ˘ω˘ )

 

【キシリトールガムの効果】

・虫歯の原因である酸を作らない

・虫歯菌の数を減らす

・ガムを噛む事で唾液がよく出るようになり、虫歯予防につながる

キシリトール に対する画像結果

 

しかし、甘味料の60%以上がキシリトールの製品でないと上記の効果はないと言われています(;゚Д゚)

『100%キシリトール製品』(歯科医院専売品は100%です)をお勧めします!

 

1日の合計量として5~10gを、

3~4回以上の回数に分けて摂取すると、う蝕予防効果を期待できます。

歯科専用キシリトールガムの場合1日4回以上をお勧めします。

 

いくらキシリトール入りでも、

虫歯菌のエサである糖質が入っていては非常に残念( ˘•ω•˘ )

『糖質は0gのもの』を選びましょう!!

 

キシリトールは子供からお年寄りまで、妊婦さんも安全に食べれます。

キシリトールを使っていても、歯みがきはしっかり行ってくださいね!

ちなみにキシリトールガムは粘着性のあるプラーク(歯垢)をサラサラさせてくれる働きがあります。

ガムを噛んだ後に歯みがきをすると、プラークを取り除きやすくなりますよ!

 

ガム・タブレット・チョコ・グミなどのいろいろな製品があります。

ときわプロケア歯科クリニックでは、

ガムとタブレットを販売しております(^_-)-☆

是非お子様のおやつにもキシリトール製品をお試しください!!

キシリトール に対する画像結果キシリトール に対する画像結果

滅菌の大切さ。

こんにちは!

札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーターの高橋ひかるです。

突然ですが。

あなたは、もしレストランでこんなサービスを受けたらたらどう思いますか?

拭かれていないテーブルの上に、洗われていないお皿が出され…

前のお客さんが使ったフォークとナイフで食べる……

食べ終わったら、前のお客さんが使った紙ナプキンや爪楊枝を使う……

ギャー!

とてもじゃないけど行きたいと思えないですよね。

気分がよくないうえに、衛生面でも心配です。。

実はそれと同じことが、歯科医院でも言えるんです。

歯科医院の治療では、医療機器からピンセットまでさまざまな器具が使われます。

これらを滅菌消毒せずに使うということは、レストランで前のお客さんのものを使うことよりもずっと汚くて、ずっとずっと危険なことなのです。

当院は念入りに行っている滅菌と、院内の衛生管理で安心して治療を受けていただけます。

滅菌とは、字の通り器具などに付着している微生物・細菌・ウイルスなどをすべて死滅させ、取り除くことです。

器具の滅菌・消毒は当然ですが、当院では綿やガーゼなども滅菌しています。お口に入るものはどんなものであっても安全であるべきだという考えに基づいています。

◎ オートクレーブによる滅菌

滅菌にはオートクレーブという機械を使います。

オートクレーブにかけると熱や薬品によって滅菌されますが、なかには5回程度の滅菌で寿命を迎えてしまう器具もあります。

滅菌消毒は必要不可欠ですが、反面器具が壊れやすくなるため、実は手間とコストがかかるものなのです。

また、念入りに滅菌を行うことでオートクレーブそのものが故障する可能性もあるため、当院では複数の滅菌器を用意しています。

常に衛生的な器具で治療にあたれるよう、リスクにそなえています。

◎ 滅菌に力を入れる理由

その理由は、完全な滅菌対策をしないとせっかくの治療効果も損なわれてしまうことがあるからです。

特におそろしいのは歯周病です。

歯周病治療で使ったタービンなどを滅菌せずに使い回すと、他の患者様に歯周病菌が感染してしまうことがあるのです。

せっかく治療を受けてきれいになっても、歯科医院側の都合でもとの状態に戻してしまう可能性がある、あるいは口腔内環境が以前より悪化してしまう……

これは大変おそろしいことであり、あってはならないことです。

また、歯周病以外にも、エイズや肝炎など院内感染のリスクがある細菌・ウイルスがあります。

◎ 自分が受けたいと思う安全な治療を

不十分な滅菌は、歯科医院にかぎらず、医療の信用問題にかかわることです。

現実に集団感染などの問題が起きている以上、アルコール消毒だけではとても安全とはいえません。

私が患者さんだったら滅菌に力を入れている医療機関を選びたいと思うのは当然のこと。

自分や家族が受けたいと思えることと、安心安全な治療が提供できる歯科医院を作っています。

是非、安心してときわプロケア歯科にいらしてくださいね!

歯の神経の処置について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニックの歯科医師の松下です。

今回は歯の神経の処置についてお話します。

 

歯の中には神経や血管が通る歯髄という組織があります。

歯髄は細菌感染してしまうと痛みが出て抜髄という処置が必要になります。

いわゆる神経を抜くというものです。

歯髄が細菌感染する原因としては

①虫歯の進行によるもの

②打撲や歯ぎしりによって歯に亀裂が入ってしまったもの

③歯周病の高度の進行により歯周ポケットから根の先を通って感染するもの

④血液の中を菌が流れて歯髄が感染してしまうもの

があります。

では神経を抜くと歯はどうなるのでしょうか。

神経を抜いた歯を生きていない歯という意味で失活歯とよびます。

先ほど申し上げた通り歯髄には神経や血管が通っているので、しみる感覚もなくなり歯には栄養がいかなくなります。

それゆえ、歯はもろくなったり色が暗くなったりします。

 

日常生活に支障をきたす場合を除いて、神経は抜かないことに越したことはありません。

虫歯予防、歯周病予防、マウスピースによる歯の保護などがやはり重要になってきます。

生活習慣の改善と定期検診は歯を守るのみならず全身疾患の予防にもつながります。

 

ぜひ予防に興味をもっていただけたらと思います。

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!