滅菌の大切さ。

こんにちは!

札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーターの高橋ひかるです。

突然ですが。

あなたは、もしレストランでこんなサービスを受けたらたらどう思いますか?

拭かれていないテーブルの上に、洗われていないお皿が出され…

前のお客さんが使ったフォークとナイフで食べる……

食べ終わったら、前のお客さんが使った紙ナプキンや爪楊枝を使う……

ギャー!

とてもじゃないけど行きたいと思えないですよね。

気分がよくないうえに、衛生面でも心配です。。

実はそれと同じことが、歯科医院でも言えるんです。

歯科医院の治療では、医療機器からピンセットまでさまざまな器具が使われます。

これらを滅菌消毒せずに使うということは、レストランで前のお客さんのものを使うことよりもずっと汚くて、ずっとずっと危険なことなのです。

当院は念入りに行っている滅菌と、院内の衛生管理で安心して治療を受けていただけます。

滅菌とは、字の通り器具などに付着している微生物・細菌・ウイルスなどをすべて死滅させ、取り除くことです。

器具の滅菌・消毒は当然ですが、当院では綿やガーゼなども滅菌しています。お口に入るものはどんなものであっても安全であるべきだという考えに基づいています。

◎ オートクレーブによる滅菌

滅菌にはオートクレーブという機械を使います。

オートクレーブにかけると熱や薬品によって滅菌されますが、なかには5回程度の滅菌で寿命を迎えてしまう器具もあります。

滅菌消毒は必要不可欠ですが、反面器具が壊れやすくなるため、実は手間とコストがかかるものなのです。

また、念入りに滅菌を行うことでオートクレーブそのものが故障する可能性もあるため、当院では複数の滅菌器を用意しています。

常に衛生的な器具で治療にあたれるよう、リスクにそなえています。

◎ 滅菌に力を入れる理由

その理由は、完全な滅菌対策をしないとせっかくの治療効果も損なわれてしまうことがあるからです。

特におそろしいのは歯周病です。

歯周病治療で使ったタービンなどを滅菌せずに使い回すと、他の患者様に歯周病菌が感染してしまうことがあるのです。

せっかく治療を受けてきれいになっても、歯科医院側の都合でもとの状態に戻してしまう可能性がある、あるいは口腔内環境が以前より悪化してしまう……

これは大変おそろしいことであり、あってはならないことです。

また、歯周病以外にも、エイズや肝炎など院内感染のリスクがある細菌・ウイルスがあります。

◎ 自分が受けたいと思う安全な治療を

不十分な滅菌は、歯科医院にかぎらず、医療の信用問題にかかわることです。

現実に集団感染などの問題が起きている以上、アルコール消毒だけではとても安全とはいえません。

私が患者さんだったら滅菌に力を入れている医療機関を選びたいと思うのは当然のこと。

自分や家族が受けたいと思えることと、安心安全な治療が提供できる歯科医院を作っています。

是非、安心してときわプロケア歯科にいらしてくださいね!

歯の神経の処置について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニックの歯科医師の松下です。

今回は歯の神経の処置についてお話します。

 

歯の中には神経や血管が通る歯髄という組織があります。

歯髄は細菌感染してしまうと痛みが出て抜髄という処置が必要になります。

いわゆる神経を抜くというものです。

歯髄が細菌感染する原因としては

①虫歯の進行によるもの

②打撲や歯ぎしりによって歯に亀裂が入ってしまったもの

③歯周病の高度の進行により歯周ポケットから根の先を通って感染するもの

④血液の中を菌が流れて歯髄が感染してしまうもの

があります。

では神経を抜くと歯はどうなるのでしょうか。

神経を抜いた歯を生きていない歯という意味で失活歯とよびます。

先ほど申し上げた通り歯髄には神経や血管が通っているので、しみる感覚もなくなり歯には栄養がいかなくなります。

それゆえ、歯はもろくなったり色が暗くなったりします。

 

日常生活に支障をきたす場合を除いて、神経は抜かないことに越したことはありません。

虫歯予防、歯周病予防、マウスピースによる歯の保護などがやはり重要になってきます。

生活習慣の改善と定期検診は歯を守るのみならず全身疾患の予防にもつながります。

 

ぜひ予防に興味をもっていただけたらと思います。

ではまた次回です、レッツビー歯ッピー!

歯ブラシの話

こんにちは!

札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニックの歯科医師今多です。

今回は、歯ブラシについてのお話しをします。

現代の日常生活とは切っても切れない存在である歯ブラシ。皆さん、人類はいつから歯を磨き始めたと思いますか?

実は歯ブラシの期限はとても古く、約5000年前にはその存在が確認されています。ただし、その時代は現代のような歯ブラシのように柄に毛束のあるものではなく、楊枝や木の枝が使われていました。

現在の形の歯ブラシの原型はというと、15世紀終盤に中国で、17世紀ころにフランスで、それぞれ豚や馬の毛を使ったブラシが使われるようになったと言われています。日本では、江戸時代に木の枝を煮て先端を潰し、ほぐれた繊維を柔らかく房状にした房楊枝が使われていました。これは、明治初期まで使われていたようです。やがて、西洋式の(つまり今使っているような)歯ブラシが国内で生産・流通するようになり、1890年「歯ブラシ」という名称がはじめてつかわれました。

そして、1960年代に電動歯ブラシが開発されました。元々は細かい歯磨きができない障がい者やお年寄り向けでしたが次第に一般にも普及していきます。口腔のケアの重要性に注目されたここ20年はより皆さんの間に広まっています。

いかがでしたた?普段使う歯ブラシ、実は5000年もの歴史があったんです。毛先や柄の形状、電動から音波ブラシと様々なものが考案・発明されています。今後の歯ブラシの発展が楽しみですね!

デンタルフロス(糸)を使うと、歯垢除去率がアップする?

札幌市南区あります、ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーターの鎌田さやかです。

みなさん、デンタルフロス(糸)使ってますか?

歯医者さんに行くと「デンタルフロスを使ってください」と指導を受けたことがありますよね!

歯ブラシだけで十分じゃないの~と思っていませんか?

しかし、本当は、歯ブラシだけでの歯垢除去率を調べてみると、約61%しか歯垢を除去することができていないのです。


それに比べて、デンタルフロスを正しく使って併用するとどうでしょう!

歯垢除去率は約80%に、グーーーンと上がるんです!

 

虫歯の90%が歯と歯の間から発生します。

この虫歯の発生しやすい歯と歯の間は、歯ブラシでは磨きにくいのです。

デンタルフロスの習慣がない人はいつも歯の間だけ汚れが残ってしまうので虫歯が進行していきます・・・(~~)涙

もちろん、こどもの場合も同じです!

歯と歯の間のすき間が小さいこどもや若年層の方、

歯間ブラシを使っている方でも、歯間ブラシが通らないところは、デンタルフロスがぴったりです!

 

歯垢1mg中の細菌の数はなんと約10億!!

細菌がひしめいていたまま、一番虫歯になりやすい睡眠時間をすごしていると考えるだけでもゾッとしますね。

デンタルフロスを使って歯垢を除去することで、

歯を清潔に保ち虫歯、歯周病予防をしましょう!

 

 

歯磨き粉の効果。

こんにちは!

札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーターの高橋ひかるです。

歯磨きをするとき歯磨き粉を使っていますか?

そう聞くと、ほとんどの方が「はい」と答えてくれます。

では。

その歯磨き粉は、何の目的で使っていますか?

それはどのような基準で選びましたか?

おそらくそこまで深く考えてはいない方が多いと思います。

わたしも歯科医院で働く前は、そうでした!

歯磨きは毎日おこなうもの。。。 

だけども!めんどくさい!笑

しかも、ちゃんと磨いてるつもりだったり、夜そのまま寝ちゃったり、朝磨かないで出かけちゃったり。。

そんでもって、虫歯作ってお金かけて痛い思いして治しました。笑 

めんどくさくても、使ったものはキレイにしなくちゃ長持ちしないですよね。

実はそのツケが、治療費や通院費、見た目や滑舌や快適さにくるのです。 

みなさんの有意義な歯磨きタイムのために、今回は、勘違いしがちな歯磨き粉による実際の効果をお伝えします。

効能1. 虫歯予防に効果◎
学術的な研究において唯一虫歯予防効果が認められているのがフッ素です。

フッ素の入った歯磨き粉を使うとフッ素の入っていない歯磨き粉を使用するよりも26%虫歯の発生を抑制できたという報告もあります。

 
効能2. 着色除去に効果◯
日々の食事によって歯の表面にはどうしても着色汚れがついてきますが、決して歯ブラシだけでは落としきれません。

多くの歯磨き粉に配合されている研磨剤はこうした着色を落とすのに一役買ってくれますが、研磨作用が強すぎると表面のエナメル質を削ってしまったり歯茎を傷つけたりする危険性があります。これによって逆に着色しやすくなってしまいます。

効能3. 知覚過敏予防に効果◯
知覚過敏の多くは磨きすぎや歯ぎしりによりエナメル質が削れたり歯茎が下がったりして内部の象牙質が露出することが原因です。

硝酸カリウムや乳酸アルミニウムといった成分は外部からの刺激に対して一時的にバリアを作ってくれるため染みにくくなります。

またエナメル質と同じ成分であるハイドロキシアパタイトも表面もコーティングすることで知覚過敏に効果があると言われています。

  

効能4. 歯周病対策には効果△

歯周病は細菌による感染症です。

歯周病によっておこった歯ぐきの炎症を若干緩和してくれることもありますが決して治してはくれないので過度な期待は禁物です。

歯科医院で歯の根元の汚れからとっていきましょう。

効能5. 口臭対策には効果✕
口臭の原因は多くが歯周病によるものです。

残念ながら歯磨き粉で歯周病を改善することは難しいので口臭に対しても効果は期待できません。

歯科医院できちんとした治療をすることが必要です。  

フッ素

こんにちは。

ときわプロケア歯科クリニック・デンタルコーディネーターの野澤です。

今日はフッ素についてお話したいと思います。

フッ素とは、自然界に化合物の状態で広く分布しています。

フッ素を多く含む鉱物としては、蛍石や氷晶石、黒雲母、リン灰石、リン鉱石があり、食べ物(魚介類や野菜・肉・牛乳・塩・お茶の葉っぱなど、ほとんどの食材)や水の中にも含まれています。

 

フッ素は、むし歯予防に関する様々な働きをしてくれます。

酸の産生を抑制

歯磨きで落としきれなかった歯垢(プラーク)が作るむし歯の原因菌の働きを弱め、歯垢(プラーク)が作る酸の量を抑えます。

再石灰化の促進

歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進させます。

歯質強化

歯の表面を酸に溶けにくい性質に修復します。特に乳歯や生えたての歯は軟らかいので、フッ素配合のハミガキ剤を使い、歯質強化に努めましょう!

 

フッ素は口の中に長く留まるほど効果的です‼

歯磨きの後に、口の中に残ったフッ素がむし歯予防に効果的に働くため、

お家ではフッ素を長く留めるハミガキ剤を使用したり、

歯科医院ではフッ素塗布後のうがい・飲食は、していいと言われた時間をしっかり守りましょう。

 

ときわプロケア歯科クリニックでは、高濃度フッ素配合のハミガキ剤の販売が始まりました!(市販でも売っていますよ!)

 

一人一人、お口の中に合うハミガキ剤は異なりますので、気になるものがあったら衛生士になんでもご相談ください☆

 

フッ素は歯を強化する働きがあるため、歯が生え始めたばかりの赤ちゃんに対しても有効的です。

 

フッ素にはむし歯予防に高い作用があるとされる反面、

人体に悪影響になるとの意見も耳にすることもあります。

そのため、いざ我が子のこととなると、その使用をためらってしまう方もいます。

しかし、使い方さえ誤らなければ、フッ素は人体に悪影響を与えることなく、

高いむし歯予防の働きを期待できる、とても頼もしい存在です

皆様がいつまでもおいしいご飯を食べれるように、

フッ素を有効活用していきましょう!(^^)!

 

 

乳歯について

こんにちは、ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の松下です。

今回は、乳歯の生え方とその生え変わりついてお話したいと思います。

 

乳歯は右上左上にそれぞれ5本の歯が生えてきます。

同様に、右下左下も5本ずつ生えてきて、全部で合わせて20本になります。

我々は一番前の歯をAと呼び、奥に行くにしたがってB、C、D、Eと呼んでいます。

例えば、右下Cといえば、右下の前から3番目の歯を指します。

 

一般的に、乳歯はA→B→D→C→Eの順に生えると言われています。

生えてくる年齢はおおよそですが、

A(6か月前後)

B(8か月前後)

C(15か月前後)

D(13か月前後)

E(24か月前後)とされています。

もちろん個人差はありますので、参考にとどめておいて下さい。

いつまで経っても乳歯が生えてこないと心配されている方は一度レントゲンで調べてみるのも一つの手です。

まれに乳歯が元々存在しない先天性欠如という場合もあります。

 

乳歯の生え変わりについてですが、乳歯は前歯と奥歯で生え変わり方が異なります。

前歯の裏から永久歯が見えてきたとおっしゃる患者もいらっしゃいますが、それは異常なことではありません。

前歯の生え変わり方はエスカレーターのように乳歯の下後方から正しい位置まで移動するのに対して、奥歯はエレベーターのように乳歯の真下から生えてきます。

これを知っておけば驚かれることもないかと思います。

 

以上、簡単ではありますが、皆様の参考になれば幸いです。

ではまた次回です!レッツビー歯ッピー!

レントゲン

こんにちは、札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック 歯科医師の今多です!

今回は、レントゲンについてのお話をしたいと思います。

 

歯科の分野では、レントゲン写真は診断や治療に必須のアイテムです。なぜなら、歯は人体で一番硬い組織に覆われ、なおかつ骨に植わっているからです。歯の治療や診断をするにあたって、目の見える所から見ただけでは正確な判断を下すことは不可能と言っても過言ではありません。

そんなレントゲン写真ですが、好き放題撮りまくって良いわけではありません。レントゲン写真には被曝というマイナス要素が必ずついて回るからです。

 

では、必要があって撮るレントゲン写真ですが、どのくらいまでなら許容されるのでしょうか。国際放射線防護委員会(ICRP)は、医療や原子力発電所で生まれる放射線の被曝量の限度として、平常時では年間1mSv(ミリシーベルト)と定めています。

歯科において、レントゲン写真はどのくらいの被曝量なのでしょうか。比べてみると...

・歯科用CT(歯や顎の骨を立体的に再現):0.1mSv

・パノラマレントゲン写真(お口全体が写る大きな写真):0.03mSv

・デンタルレントゲン写真(2~3本の歯が写る小さい写真):0.01mSv

と、なります。デンタルレントゲン写真で換算すると、なんと年間100枚程度の撮影まで許容されるわけです。こんなに撮影することはあまり考えられませんね。つまり、十分に安全と考えられる範囲の中で日々の診療のレントゲン写真は撮影されているわけです。

 

ちなみに、地球上では絶えず自然に放射線が発生しています。その量は土地によって変わり、日本では平均1.5mSv、地球上で一番多いブラジルカラパリ市では平均10mSv(なんと日本の6倍以上!)です。

 

いかがでしたか?普段馴染みの薄いレントゲン写真だと思います。でも、意外と奥が深いんです。機会があれば、またレントゲンに関するお題でお話ししたいと思います☆それでは!

唾液検査

札幌市南区にあります、ときわプロケア歯科クリニックのデンタルコーディネーターの鎌田さやかです。

むし歯になりやすい人、

むし歯になりにくい人、

いったい何が違うのでしょうか?

虫歯の原因は、口腔内のむし歯菌や唾液の量や質、生活習慣が関係しています。虫歯を治療しても、虫歯が出来てしまう口腔内の環境を変えるように工夫しなければ、また虫歯になってしまします。

では、何をしたらいいのでしょうか?

私たちが生活していく上で欠かせない物質である唾液は、自浄作用や抗菌作用など、さまざまな役割を持っています。その唾液を調べることで、自分がどのような体質であるのか、どのようなことに気をつければ効率よくむし歯を防ぐことが出来るのかがわかります。

そうです!まずは、口腔内の現状を知ることから始めるといいんです!

当院で行う唾液の検査では、虫歯菌が作り出す酸の強さと唾液の中和力(緩衝能)を調べます。その結果から、どんなことに気を付けると予防の効果を上げられるかをお伝えします。

歯みがきは、もちろん一番大切です!

もし、虫歯菌の酸が強い人はどうしたらいいの?

もし、唾液の中和力が弱かったら何をしたらいいの?

一人一人に合ったホームケアを行えるようにサポートします!
お気軽にご相談ください!

プラークの生成について

こんにちは!(^^)!

ときわプロケア歯科クリニック、デンタルコーディネーターの野澤真利子です。

今回はCMなどでも耳にすることが増えてきました、

◇プラークの生成◇についてお話します。

 

プラークとは歯の歯垢のことをいいます。

 

プラーク1㎎の中には約1億匹のたくさんの種類の細菌が棲んでいるといわれています。

この細菌たちはもともと口の中に潜んでいたのですが、

プラークという棲みやすい環境を見つけ移り住みます。

その中でもっとも凶悪な細菌は歯周病の原因菌です!

現在なんと成人の8割が歯周病を発症しています( ゚Д゚)

 

★そんなプラークについて知りましょう

①歯の表面では唾液の成分である

ぺリクルという糖タンパク質が薄い膜を作っています。

 

②そこにむし歯の原因となるミュータンス菌などがくっつきます。

くっついた菌は食べ物の中のショ糖を使ってグリコカリックスという

ネバネバした物質を作り、自分たちが棲みやすい環境を作り始めます。

 

③この状態がしばらく進むと、ミュータンス菌以外にも

棲みやすい環境を狙って歯周病の原因となる悪玉菌が侵入し増えていきます(-_-)

 

以上がプラークができるまでです。

細菌が集まってプラークを形成するには約1日かかります!

食後すぐにはまだプラークになっていません!

お口を注ぐだけでもよいのでは(”_”)?と思うかもしれませんが、

プラークは水に溶けない性質をもっています。

 

結果、日々のブラッシングがとても大切なのです( `―´)ノ!!!

プラークを寄せ付けない健康な歯を作っていきましょう☆☆☆